CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
意識の進化的起源: カンブリア爆発で心は生まれた
意識の進化的起源: カンブリア爆発で心は生まれた (JUGEMレビュー »)
トッド・E. ファインバーグ,ジョン・M. マラット
RECOMMEND
ティク・ナット・ハンの般若心経
ティク・ナット・ハンの般若心経 (JUGEMレビュー »)
ティク・ナット・ハン,Thich Nhat Hanh
MOBILE
qrcode
<< レビュー:武漢日記 | main | 日本学術会議会員は対抗措置を取れ(学術会議任命拒否問題1) >>
レビュー:『悟り体験」を読む
0
    評価:
    価格: ¥ 1,540
    ショップ: 楽天ブックス
    コメント:主として臨済禅における悟り体験記録を取り上げ、その中で共通する知見から臨済禅以外の人の悟り体験をも検討している。悟り体験と以上心理状態の区別は難しいが、著者が多くの記録をまとめたことは今後の研究の参考になるだろう。

    JUGEMテーマ:Book review

    JUGEMテーマ:最近読んだ本

     

    臨済禅は公案を通して見性するという悟りを求める。これに対して曹洞禅は只管打坐で座ることですでに仏という考え方で悟ることに批判的である。著者は主に臨済禅の見性体験を文献的に明らかにし、その内容を整理している。問題は見性と異常心理とがなかなか区別が難しいことだ。著者の整理を考慮すると、最終的に叡智をえるかどうか、が重要なのかもしれない。悟り体験自体がある程度定義できると、他の宗派の人が類似の体験を得ていることもわかる。興味深いのはマルクス主義者と思われる河上肇も瞑想を通して、無我体験を経験していることだ。本書が優れているところはこういった記載をまとめたことにある。ひとりひとりの体験はそれぞれの人の経験を記載したものがあれば、理解できるが、これだけ多くの人の体験を集めると、その共通性などを整理することができる。本書はある意味、症例報告の集積である。異常心理でない、精神の変容をどう把握するかにとって重要な資料になるだろう。

     

    | レビュー | 15:14 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする